看護師 転職サイト おすすめ ランキング

転職サイトって使い方もよくわからないし、どれがおすすめとかあるのかな?

求人ってどこで探せばいいの?ハローワーク?リクルート?

看護師 転職」「看護師 求人などで検索すると、たくさんのサイトを見つけられると思います。

そしてそれらのサイトはどれも、求人検索機能と求人を出している医療機関への紹介・入職サポートのサービスを運営していると思います。

ホームページを見ただけでは「どのサイトを使ったらいいのか」という点がきっと悩みどころになっているでしょう。

この記事でそれぞれの転職サイトの特徴口コミ・評判から作成したランキングが転職・就職活動の参考になれば幸いです。

↓↓好待遇・高給与の求人を見つける↓↓

看護師の転職・求人サイト

看護師の転職サイト・求人サイトなどさまざまな言い方があるとおもいます。

看護師の」とは言っても、ほとんどのサイトでは(正)看護師・准看護師・保健師・助産師の職種に対応しています。

では、サービス面はどのようになっているでしょう?

看護師の転職・求人サイトとは

看護師の転職・求人サイトのサービスはどのサイトもほぼ同様であると考えていいでしょう。

それぞれに特徴はありますが、基本的なサービスは先述の通りです。

転職・求人サイトのサービス
  • 求人検索機能
  • 入職サポート
  • 医療機関への人材紹介業
  • 各種相談窓口

以上のほかにも、看護師や医療従事者向けに限らず、ほぼすべての転職・求人サイトには無料で利用できるという特徴があります。

紹介料はいくら?無料の転職サイトの仕組み

では、なぜ無料なのでしょうか?

求人サイトの仕組み

転職・求人サイトの仕組み

図のように転職サイトは、ユーザーである入職希望者ではなく、紹介先の医療機関からもらう紹介料で利益を得るという成功報酬型のビジネスモデルをとっていることが多いです。

そのために求人を探す側のユーザーには利用料金が一切かからないことが多く、広告業・紹介業社としての経営方法でいると考えていいでしょう。

転職サイトの入職サポート

ナース人材バンク 履歴書

転職・求人サイトでは多くの場合、履歴書や職務経歴書のテンプレートを見ることができたり、ダウンロードすることができます。

もし応募して、面接を受けることになった場合も面接対策や志望動機についてしっかりと指導をしてもらうことができる場合がほとんどです。

看護師の転職サイトランキング

口コミ

それではここから実際にサイトのランキングを見ていきましょう。

ランキングの評価基準
  • セキュリティや会社の信用度
  • 求人数
  • 対応している求人の種類

上記の内容から総合的に判断しています。

第1位マイナビ看護師

マイナビ看護師 ランキング

おすすめ度
サイト名 マイナビ看護師
公開求人数 約4万件
運営会社 マイナビ
対応している雇用形態 常勤・夜勤なし・夜勤専従
料金 無料

言わずと知れたマイナビが運営しているのがマイナビ看護師です。

業界最大手の営業力で、どの求人にも直接担当者がヒアリングをして職場環境をユーザーに伝えるという手厚いサポートが人気です。

サイトの特徴
  • 職業優良紹介事業者認定という厳しい認定条件をクリアしている。
  • 認知度が高く、利用の敷居が低い点。
  • 説明会など直接話を聞く機会が多く持てる。

第2位ナース人材バンク

ナース人材バンク ランキング

おすすめ度
サイト名 ナース人材バンク
公開求人数 約9万件
運営会社 株式会社エス・エム・エスキャリア
対応している雇用形態 常勤・非常勤
料金 無料

ナース人材バンクは求人を検索すると一緒に地域別の平均給与を見ることができます。

求人を見ていく上で一番参考になるデータを同時に閲覧できるのはナース人材バンクならではのサービスです。

サイトの特徴
  • 求人を選ぶ時に、地域や職種の平均給与を参考にできる。
  • 看護師や医療系のコラムが充実している。
  • 求人を探すきっかけとして細分化された記事を参考にできる。

第3位看護のお仕事

看護のお仕事 ランキング

おすすめ度
サイト名 看護のお仕事
公開求人数 約2万件
運営会社 leveragesレバレージズ
対応している雇用形態 正社員・パート・派遣・紹介予定派遣
料金 無料

看護のお仕事では全国の事業所情報をもとに、ユーザーのための情報収集・面接設定・条件交渉をサポートしています。

CMの女優さんがかわいい」などでも話題になりました。

サイトの特徴
  • 派遣・紹介予定派遣など様々な雇用形態に対応している。
  • 月間利用者数20万人を突破している。
  • 内部情報などが豊富に知ることができる。

第4位ナースではたらこ

ナースではたらこ ランキング

おすすめ度
サイト名 ナースではたらこ
公開求人数 約9万件
運営会社 株式会社ディップ
対応している雇用形態 正職員・契約社員・パート
料金 無料

「バイトル」や「はたらこネット」のディップが運営しているのがナースではたらこです。

全国に専任のコンサルタント直接話ができる、相談会場も全国に設置されてます。

志望動機や履歴書の作成などしっかりしたサポートがあります。

サイトの特徴
  • 東証一部上場企業の株式会社ディップが運営している。
  • 忘れてしまいがちな転職活動中の社会保険など丁寧に解説。
  • 職業紹介優良事業者認定を受けている。

第5位医療ワーカー

医療ワーカー ランキング

おすすめ度
サイト名 医療WORKER(ワーカー)
公開求人数 約5万件
運営会社 株式会社TSグループ
対応している雇用形態 常勤・非常勤・派遣・応援看護師
料金 無料

医療ワーカーはTSグループという大阪の医療人材サービス会社が運営しています。

医療ワーカーは派遣を含めたさまざまな雇用形態の求人に対応していること、また、関西方面の求人にも強いようです。

サイトの特徴
  • 職業優良紹介事業者認定という厳しい認定条件をクリアしている。
  • 派遣や応援看護師といった幅広い雇用形態の求人に対応している。
  • 転職成功ガイドなど求人以外のサービスがある。

第6位看護roo!

看護roo! 転職サポート ランキング

おすすめ度
サイト名 看護roo!
公開求人数 約5万件
運営会社 株式会社クイック
対応している雇用形態 常勤・パート・契約社員
料金 無料

看護roo!国家試験の一問一答アプリなども有名で、掲示板など求人情報以外にも医療従事者向けの充実したサービスを展開しています。

看護用語辞典ナースpediaなど求人以外でも見覚えのある方も多いのではないでしょうか。

サイトの特徴
  • プライバシーマークを取得した東証一部上場企業が運営。
  • サイト内には看護技術動画やイラスト集など看護師のための充実したサービス。
  • アンケートや掲示板にも利用者が多く参考にできる。

第7位看護師求人EX

看護師求人EX ランキング

おすすめ度
サイト名 看護師求人EX
公開求人数 約15万件
運営会社 株式会社じげん
対応している雇用形態 正社員・契約社員・派遣社員・パート
料金 無料

圧倒的な勢いのある株式会社じげん圧倒的な数の求人を掲載しているのが看護師求人EXです。

実は、この看護師求人EXでは先述の看護roo!の求人などいくつかのサイトの求人を同時に閲覧、応募することができます。

もっとも多くの求人の中から希望の職場を探せるという点が最大の特徴のサイトです。

サイトの特徴
  • 東証一部上場企業の株式会社じげんが運営している。
  • 多くの求人サイトや医療機関と提携し、閲覧できる求人数が最多。
  • 悪い口コミや紹介でのトラブルが少ない。

第8位MCナースネット

MCナースネット ランキング

おすすめ度
サイト名 MCナースネット
公開求人数 約1万5千件
運営会社 メディカル・コンシェルジュ
対応している雇用形態 常勤・非常勤・派遣・紹介予定派遣・単発
料金 無料

MCナースネットが特徴的な点は派遣の求人が見られるという点です。

護師・医師などの派遣は法律で規制があり、意外と求人は少ないと思います

しかし、MCナースネットの求人にはそういった規制をクリアし、さまざまな働き方に合わせた求人を探すことができます。

サイトの特徴
  • 紹介予定派遣や単発など豊富な選べる雇用形態がある。
  • 医師が設立した会社で医療・業界への理解が深い。
  • フレックスチャージという給料の前払い制度がある。

非公開求人を活用する裏ワザ

非公開求人

転職サイトを活用する上で覚えておきたいのは「非公開求人」の存在です。

ネットやサイトでは公開されていない好条件・好待遇の非公開求人を活用して転職・就職活動を有利に進めましょう。

非公開求人とは

非公開求人とは、文字通り求人情報の詳細、あるいは存在自体が非公開になっているもののことです。

なぜ求人が非公開になっているのでしょうか?

1好条件・好待遇のために、応募が殺到してしまう

求人の中には、条件や待遇・給与がいいために、ネットで公開すると応募が殺到してしまうような求人もあります。

殺到した入職希望者の中から、一枚ずつ履歴書に目を通し、面接をしていく時間も人手もかかってしまいます。

仕事も忙しいし、面接ばかりしていられない...

そこで、医療機関は求人サイトに依頼して、はじめからある程度希望者の質を絞るためという目的もあります。

2人手不足を知られたくない

慢性的な人手不足に悩んでいる職場や、管理職などの重要な役職が空席であることは広くWeb上に掲載することがはばかられます。

決してネガティブな理由ばかりでそのような事態が起きることばかりではないので、事情を汲み取ってくれる求人サイトに依頼しているというケースもあります。

非公開求人を活用する方法|登録の流れ

では、「非公開」なっている求人を見つけだし、応募するにはどんな方法があるでしょうか?

非公開求人を活用する方法は転職・求人サイト登録することです。

サイトに登録することでユーザーの経歴どんな求人を探しているのかを各サイトの転職コンサルタントに詳細に伝えることができます。

そうすることで、コンサルタントから求人情報の公開・非公開に関わらず、ユーザーの希望にマッチした求人を教えてもらうことができます。

転職サイトは複数登録しよう

転職サイトに登録して非公開求人を教えてもらう」というと簡単に思えるかもしれません。

しかし、実際はここら慎重にサイトを選んでいく必要があります。

実はこういった転職サイトの口コミで見られるのが、

頼りないコンサルタント

担当の人が「連絡します。」といったのに3時間も遅れて電話がかかってきた。
面接場所も把握していないようで道順も地図を見ながらだった。
かなり不安な気持ちでした。

というような口コミです。

転職サイトの質というよりは、コンサルタントの中にはユーザーの掛け持ちで忙しい人もいれば、全くの新人もいます。

人間同士のやりとりなので、相性や運といった要素も少なからずあります

仕事を見つける・決めるといった場面で慎重になりすぎるということはありません。

複数のサイトに登録して比べてみるのも大切な転職活動の一部だと思いましょう。

失敗しない転職サイトの選び方とチェックポイント

転職サイトですが、ユーザーの数だけ使いたいサイトも多種多様になってきます。

サイトを利用する上で、どんな選び方をすることができたら失敗しない転職ができるでしょうか

気をつけるべきチェックポイント考えてみましょう。

どんな働き方が選べるのか?

転職サイトとはいえ、すべての働き方に対応しているわけではありません。

さまざまな勤務形態
  • 常勤
  • 非常勤
  • パート・アルバイト
  • 派遣社員
  • 紹介予定派遣
  • 契約社員
  • 単発

意外と派遣に対応していないサイトもいくつかあります。

自分がどんな勤務・雇用形態で働きたいのかを考えながらサイト選びをしてみることも大切です。

転職サイトの口コミ・評判

転職サイト 口コミ 評判」で検索してみてください。

きになる転職サイトを実際に利用した方々の賛否両論をたくさんみることができます。

良い口コミの例
  • サイトの評判通りで転職に成功した。
  • 給与や周りの人にも恵まれてとてもよかった。
  • 面接対策をばっちりしてもらえて安心して本番もできた。
  • わからないことが相談して解決した。
悪い口コミの例
  • 営業の電話がしつこい。なりやまない電話にうんざり。
  • 転職はできたけれどもいってみたらブラックだった。
  • 条件に合う求人がみつからなくてあきらめるしかなかった。
  • 不誠実な対応をされ、失敗したと思った。

すべてが口コミ・評判通りというわけにもいかないとおもいますが、一度は他のユーザーの意見も見てみることで参考にできるでしょう。

転職サイトを利用するメリット

転職サイトを利用する上では、サービスの流れを意識しながら、サイトを使うことのメリットとデメリットをはっきりさせておきましょう。
  • 面倒なこと作業は全て担当者におまかせ
  • 履歴書や面接の準備・対策がきちんと教えてもらえる
  • 求人を自分で探さなくてもよい

転職サイトに登録していれば、プロの転職コンサルタントが担当についてくれます。

必要書類や、社会保険の手続きなど面倒ごとにはたいていのことなら相談に乗ってもらうことができます。

また一つずつ求人の募集要項や待遇に目を通さなくても、希望通りの求人を探してきてくれるという点はおおきなメリットです。

転職サイトを利用するデメリット

では、転職サイトを利用する上でのデメリットはどのようなものでしょうか?
  • 特定の求人に絞った転職がしにくい
  • 予想外の求人を勧められることも
  • 転職サイトによっては取り扱っていない求人もある

先述の通り、転職サイトは、担当の転職コンサルタントに紹介される求人の中から応募先を選んでいくというサービスです。

◯◯大学の附属病院で働きたい!
テーマーパークのナースキャストになりたい!

こういう就職先への明確なビジョンを持つ方には、転職サイトの仕組みはデメリットになるかもしれません。

上記で紹介した「ナースではたらこ」には応募したい求人を特定する「逆指名制度」があります。

しかし、こういったケースはまれで、応募先の募集要項を自分で確認しなければいけない場合もあるということは覚えておきましょう。

プライバシーマークや職業紹介優良事業者

プライバシーマーク

職業紹介優良事業者認定制度

公的機関が認定しているマークや制度をチェックしてみることも参考になります。

人材紹介事業という個人情報の取り扱いや、クリーンな人材の流れを確保している場合には「プライバシーマーク」や「職業紹介優良事業者」などの認定がされている場合があります。

転職サイトや運営会社の信用を測る上で一つの目安になる基準と考えましょう。

まとめ

やはり転職・求人サイト人生の重要な場面で活用するものであり、大きな決断をする場面になります。

たくさんの情報収集が必要になるのでいくつかのサイトを見比べてみて複数登録することも時には必要になるでしょう。

非公開求人などサービスを十分に活用するためには実際に登録して転職コンサルタント深く相談していくことは必須事項です。

おすすめの記事