看護師の転職時期

転職って準備もいろいろありそうだし、いつ頃から始めるべき?

転職活動の時期については、もちろん「転職しよう」と思った時がベストで、準備を始めるのに早すぎるということはありません。

しかし、損をしない戦略を考えることも必要です。

この記事では転職するベストなタイミングを月ごとに紹介していきます。

↓↓好条件・高給与の求人を見つける裏ワザ↓↓

1年間それぞれの転職時期

新しく転職する人辞めてしまう人の数が増えると、欠員を補充するために、求人の数も増えます。

たとえば、ボーナス後などに離職が集中すると、その時期と同時に求人数も増加します。

つまり、この求人の多くなる時期が転職を考えるべきタイミングとなります。

転職活動をする月と入職する月のおすすめ度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
転職活動 × ×
入職時期 × × ×

1~3月|転職を始めるタイミングに最適

年末のボーナスの後、年度末でもあるので、離職者が増える時期です。

離職者や4月の新年度に備えて、求人数が増えていくので、この時期は転職活動を始めるのに最適なタイミングです。

ただし、この時期に入職してしまうと、退職者や年度末の有給消化によって忙しい時期なので、4月を待ってから働き始めるのが良いでしょう。

4~6月|入職したい時期

4月は年度始め、5月は公立病院が新卒を迎えて研修をスタートします。

5月にはGW(ゴールデンウィーク)、早いところだと夏季ボーナスが6月にあるので転職するにはいい時期ではありません。

このタイミングでは、転職活動を済ませ、入職するタイミングになっていることが望ましいです。

上半期は、1~3月に転職を始めて4月に入職を狙うのがベストです。

7~9月|夏季ボーナス後が狙い目

6・7月の夏季ボーナス、8月のお盆休み夏季休暇を終えて、夏~秋は求人が多くなります。

夏の忙しい時期を乗り越えたら、転職活動を始めて、冬季ボーナスをもらってから退職する流れで考えると、9月頃が転職活動のスタートになります。

10~12月|翌年に向けて

10・11月は人事異動、12月は冬季ボーナスの時期です。

12月のボーナス後は求人も増えるので年明けに向けて転職活動を始める時期にもなります。

 「ボーナスをもらって退職する人が増える」→「求人が増える」の流れは覚えておきましょう。

勤続年数と転職時期

看護師の転職時期

石の上にも3年」ということわざの通り、新卒から3年の間はあまり転職もおすすめできません。

職場環境や人間関係に特別な事情がない限りは、基礎を固めるためにも、はじめの3年間は勤務先での成長を重視するべきです。

看護師として5年目の転職

基本的な仕事が身につき、看護師として一人前とされるのは、新卒から5年目が目安です。

働きながら、仕事に対する自分なりの知見も芽生え、次のキャリアを考え始めるとちょうど転職を考えるタイミングになります。

女性が全体の9割を占める看護師の世界では、ちょうど妊娠や結婚の時期も重なり、ライフスタイルの変化に合わせた転職もおすすめです。

看護師として10年目の転職

10年目で転職っていまさらじゃないかな...?

経験・キャリア共に十分な勤続年数である10年間は、転職の時期としても問題ありません。

管理職などの若手には任せられない求人もあり、高待遇も望むことができます。

また、10年目の転職というのは失業手当の受給額に大きく差が出ます。

雇用保険の加入期間が10年以上のとき、失業手当の給付日数が120日になり、その分もらえる手当の金額も多くなります

雇用保険の加入期間と失業手当の給付日数

加入期間 1年以上5年未満 5年以上10年未満 10年以上20年未満
給付日数 90日 90日 120日

10年未満と比べると一ヶ月分ちがうので、雇用保険を計算するのも大切ですね。

好条件・高待遇の非公開求人を見つける裏ワザ

転職サイトでは、誰でも求人を検索して募集要項を閲覧することができます。

しかし、応募が殺到するような高給与・好条件の求人はホームページに掲載されず、非公開になっていることがあります。

理由は医療施設が応募者を厳選するため管理職の欠員を内密に補充するためなどさまざまですが、一番の理由はサイトの登録者に優先して紹介するためです。

人気求人を見つける方法

マイナビ看護師 非公開求人

マイナビ看護師では上記の理由で、サイト登録者のみが好条件の非公開求人に応募することができます。

非公開求人はサイトに登録することで、担当のキャリアアドバイザーから直接紹介される仕組みになっています。

非公開求人に応募する流れ

マイナビ看護師 非公開求人

非公開求人は採用率が高い

待遇の良い求人はスキルやキャリアを必要とするものが多いです。

キャリアアドバイザーが紹介する非公開求人は、医療施設が必要とする募集条件を満たした人材を対象にしているものなので、採用の確率がかなり期待できます。

好条件の求人自体は数も多くないので、登録者になっておくことで見逃さないようにしておきたいです。

マイナビ看護師に登録して応募する

こうして無料でマイナビ看護師に登録するとキャリアアドバイザーが担当としてユーザーに付いて、より詳細な希望にマッチした好条件の求人情報を紹介してくれます。

このキャリアアドバイザーとはマイナビ看護師に所属する専門の転職コンサルタントです。

キャリアアドバイザーにホームページでの入力情報以外の細かい希望を伝えると、ホームページでの公開・非公開を問わず条件に合った勤務先を紹介してもらうことができます。

マイナビ看護師 登録

応募先を決めたらキャリアドバイザーの交渉によって面接の日程を決めてもらえます。

面接当日までには、面接対策履歴書・職務経歴書の添削もカバーしてくれます。

キャリアドバイザーは直接求人を出している職場に直接訪問して職場環境のヒアリングや待遇の交渉も行なっています

紹介される求人はマイナビ看護師のキャリアアドバイザーが直接足を運んで探してきたものなので優良な勤務先であることをマイナビ看護師が保証してくれます。

おすすめ転職サイト3選

転職サイトも様々な種類があり、対応している雇用形態サイトの特徴ごとに使い分けることができます。

また、複数のサイトに登録してサービスを比較していくことも転職を成功させるためには大切です。

マイナビ看護師

マイナビ看護師 ランキング

求人数 約40000件
運営会社 マイナビ
対応資格 看護師/助産師/保健師/ケアマネージャー
選べる雇用形態 常勤/夜勤なし/夜勤専従
選べる施設形態 病院/クリニック・診療所/美容クリニック/施設(老人ホーム等)/訪問看護ステーション/一般企業/治験関連企業/保育施設/その他
紹介料 無料

人材紹介業で業界トップの業績を残しているマイナビが運営するサイトです。

基本的な求人紹介・キャリアアドバイザーの転職支援という正統派のサービスが常に一定の評価を得ていて、同サービス(看護師向け転職サイト)の中ではダントツの認知度です。

はじめて転職サイトを利用する方は説明会などいろんなアプローチの方法で相談ができる点でおすすめです。
サイトの特徴
  • 転職業界最大手のマイナビが運営
  • 日本全国の拠点・相談会場
  • マイナビ看護学生など広範囲のサービス
  • 職業紹介優良事業者に認定

↓↓マイナビ看護師の口コミはこちら↓↓

ナース人材バンク

ナース人材バンク ランキング

求人数 約90000件
運営会社 株式会社エス・エム・エスキャリア
対応資格 看護師/准看護師/助産師/保健師
選べる雇用形態 常勤/非常勤
選べる施設形態 病院/クリニック/訪問看護/企業・学校・保育園/介護施設全般/その他
紹介料 無料

ナース人材バンクは求人を検索すると一緒に地域別の平均給与を見ることができます。

求人を見ていく上で一番参考になるデータを同時に閲覧できるのはナース人材バンクならではのサービスで、求人数も単体のサイトとしてトップクラスの量です。

ナース人材バンクの特徴
  • 求人を選ぶ時に、地域や職種の平均給与を参考にできる。
  • 看護師や医療系のコラムが充実している。
  • 求人を探すきっかけとして細分化された記事を参考にできる。

↓↓ナース人材バンクの口コミはこちら↓↓

看護のお仕事

看護のお仕事 ランキング

求人数 約20000件
運営会社 leverages(レバレージズ)
対応資格 正看護師/准看護師/助産師
選べる雇用形態 正社員/パート/派遣/紹介予定派遣
選べる施設形態 病院/クリニック/介護施設/訪問看護
紹介料 無料

看護のお仕事では全国の事業所情報をもとに、ユーザーのための情報収集・面接設定・条件交渉をサポートしています。

CMの女優さんがかわいい」などでも話題になりました。

サイトの特徴
  • 派遣・紹介予定派遣など様々な雇用形態に対応している。
  • 月間利用者数20万人を突破している。
  • 内部情報などが豊富に知ることができる。

↓↓看護のお仕事の口コミはこちら↓↓

まとめ

転職の時期について、看護師という職業に左右されるような要素はあまり多くありません。

けれども、応募する求人転職の動機によっては少し難しく考えなくてはいけないときもあると思います。

転職サイトなど、ぜひプロの意見を聞く機会を作ってみてください。

おすすめの記事