看護師の転職方法

転職っていってもどうすればいいんだろう...

職場に不満があっても、転職先を見つけたり、応募して、面接を受けて、と考えるとかなり苦労しそうです。

看護師という引く手数多の資格があるひとはどんやって求人を見つけているでしょうか?

この記事では看護師の転職方法を大きく3つに分けて紹介します

↓↓好条件・高給与の求人を見つける↓↓

知人・友人の紹介

看護師の転職方法

学生時代の友人や知人の紹介で仕事が決まることもあると思います。

信頼できる人の紹介なら選考も気楽だし、安心して働けて良いことばかりじゃない?

どんなに優秀な転職コンサルタントでも実際に働いている人より詳しくなることはできません。

求職者(転職する人)側も信頼ある人間として、話もスムーズに進み、メリットもかなり大きいです。

知人・友人の紹介で転職するメリット

  • 面接対策など、転職活動の一部を省略できる。
  • 職場環境や人間関係を事前に詳しく知ることができる。

ただし紹介で転職してしまうと、万が一トラブルがあった時に、不満があっても言いづらかったり、辞めづらいというデメリットも考えられます。

紹介での転職は手軽で安心で良いことばかりに思えますが、一応考えられるデメリットも覚えておきましょう。

知人・友人の紹介で転職するデメリット

  • 給与や待遇の交渉がしづらい
  • 退職や休業が難しくなってしまう

ハローワーク・看護協会の求人から探す

看護師の転職方法2

ハローワークや看護協会といった公的機関のサポートを利用するのも転職方法のひとつです。

それぞれの求人にはどんな特徴があるでしょうか?

ハローワークの求人

ハローワーク

ハローワーク(公共職業安定所)」は厚生労働省管轄の職業紹介所です。

ハローワークは全国の自治体に設置されていて、企業や医療施設も無料で求人を出すことがでるので、全国どの地方の求人も網羅しています。

ハローワーク インターネットサービス

ハローワークインターネットサービス」ではネット上でも求人を検索することができます。

看護協会(ナースセンター)の求人

ナースセンターとは

日本看護協会が運営している「ナースセンター」という制度があります。

都道府県にそれぞれ設置されていて、役割は「ハローワーク」とほとんど同じと考えて良いでしょう。

eナースセンター

こちらもWeb版の「eナースセンター」でネットでも求人の検索ができるようになっています。

ハローワーク・看護協会のメリットとデメリット

上記のハローワークナースセンターを利用した転職方法のメリットは、運営している団体の規模と性質です。

厚生労働省管轄のハローワークや看護協会の職業紹介は営利目的ではないので、紹介料などで悩む必要もありません。

また、全国の求人をカバーしているところもポイントです。

求人の量をみたらどんな民間のサービスよりも圧倒的です。

ハローワーク・看護協会の求人のメリット

  • 全国各地方の求人が豊富
  • 公平に紹介が受けられる

反対に高待遇の求人や大企業・大きな医療施設の求人は見つからないことがデメリットでもあります。

また、基本的に無料でどんな求人でも出すことができるので、ブラックな職場などもハローワークやナースセンターでは精査されていません。

ハローワーク・看護協会の求人のデメリット

  • 高待遇の大企業・大病院の求人は期待できない
  • 求人の質が保証されていない

民間の紹介会社を利用する

看護師の転職方法3

公的機関や看護協会を使わない転職は、民間の人材紹介業者が運営しているサービスを利用する方法です。

ここからいくつかの会社やサービスを紹介していきます。

民間の紹介会社とは|転職サイト

看護師 転職サイト 求人

民間の紹介会社が行っているサービスの主流は転職サイトです。

看護師向け(その他の職種含む)の転職サイト無料で利用できることがほとんどで、ユーザーの満足度もハローワークや看護協会に比べて高くなっています。

転職サイトのメリットとデメリット

転職サイトを利用する最大のメリットは転職コンサルタントの存在です。

転職サイトに登録すると担当者がついて、希望条件や面接対策など、転職活動の全てをサポートしてくれます。

また悪質な職場などは排除しているので求人の質も期待できます。

転職サイトのメリット

  • 無料で利用できる
  • 求人紹介からアフターケアまでの転職支援
  • 求人の質に期待できる

ただし、すでに特定の求人を見つけていて、応募したいという方は転職サイトはおすすめできません。

サイトで取り扱っていない求人の場合は、条件の近い求人を紹介してもらうことしかできないので注意が必要です。

コンサルタントのやりとりも必要なので手間に感じる人もいるようです。

転職サイトのデメリット

  • 特定の求人に絞ることはできない
  • ある程度のコミュニケーションが必要

高評価の転職サイト

実際にある転職サイトで定評を得ているのがこちらです。

マイナビ看護師

マイナビ看護師 ランキング

おすすめ度
サイト名 マイナビ看護師
公開求人数 約4万件
運営会社 マイナビ
対応している雇用形態 常勤・夜勤なし・夜勤専従
料金 無料

言わずと知れたマイナビが運営しているのがマイナビ看護師です。

業界最大手の営業力で、どの求人にも直接担当者がヒアリングをして職場環境をユーザーに伝えるという手厚いサポートが人気です。

サイトの特徴
  • 職業優良紹介事業者認定という厳しい認定条件をクリアしている。
  • 認知度が高く、利用の敷居が低い点。
  • 説明会など直接話を聞く機会が多く持てる。

ナース人材バンク

ナース人材バンク ランキング

おすすめ度
サイト名 ナース人材バンク
公開求人数 約9万件
運営会社 株式会社エス・エム・エスキャリア
対応している雇用形態 常勤・非常勤
料金 無料

ナース人材バンクは求人を検索すると一緒に地域別の平均給与を見ることができます。

求人を見ていく上で一番参考になるデータを同時に閲覧できるのはナース人材バンクならではのサービスです。

サイトの特徴
  • 求人を選ぶ時に、地域や職種の平均給与を参考にできる。
  • 看護師や医療系のコラムが充実している。
  • 求人を探すきっかけとして細分化された記事を参考にできる。

看護のお仕事

看護のお仕事 ランキング

おすすめ度
サイト名 看護のお仕事
公開求人数 約2万件
運営会社 leveragesレバレージズ
対応している雇用形態 正社員・パート・派遣・紹介予定派遣
料金 無料

看護のお仕事では全国の事業所情報をもとに、ユーザーのための情報収集・面接設定・条件交渉をサポートしています。

CMの女優さんがかわいい」などでも話題になりました。

サイトの特徴
  • 派遣・紹介予定派遣など様々な雇用形態に対応している。
  • 月間利用者数20万人を突破している。
  • 内部情報などが豊富に知ることができる。

ナースではたらこ

ナースではたらこ ランキング

おすすめ度
サイト名 ナースではたらこ
公開求人数 約9万件
運営会社 株式会社ディップ
対応している雇用形態 正職員・契約社員・パート
料金 無料

「バイトル」や「はたらこネット」のディップが運営しているのがナースではたらこです。

全国に専任のコンサルタント直接話ができる、相談会場も全国に設置されてます。

志望動機や履歴書の作成などしっかりしたサポートがあります。

サイトの特徴
  • 東証一部上場企業の株式会社ディップが運営している。
  • 忘れてしまいがちな転職活動中の社会保険など丁寧に解説。
  • 職業紹介優良事業者認定を受けている。

医療ワーカー

医療ワーカー ランキング

おすすめ度
サイト名 医療WORKER(ワーカー)
公開求人数 約5万件
運営会社 株式会社TSグループ
対応している雇用形態 常勤・非常勤・派遣・応援看護師
料金 無料

医療ワーカーはTSグループという大阪の医療人材サービス会社が運営しています。

医療ワーカーは派遣を含めたさまざまな雇用形態の求人に対応していること、また、関西方面の求人にも強いようです。

サイトの特徴
  • 職業優良紹介事業者認定という厳しい認定条件をクリアしている。
  • 派遣や応援看護師といった幅広い雇用形態の求人に対応している。
  • 転職成功ガイドなど求人以外のサービスがある。

好条件・高給与の非公開求人を見つける裏ワザ

非公開求人

ハローワーク看護協会はもちろん、転職サイトでも公開されていない非公開求人があります。

好条件・高給与の求人には非公開になっているものも多いです。

マイナビ看護師など、求人の一部のみを非公開にしている場合もあります。

求人が非公開になっている理由

どうして好条件の求人が非公開なのでしょうか?

転職サイト 応募の仕組み

好条件の求人を掲載すると応募が殺到することが予想できます。

たくさんの応募者の中から履歴書・面接を通して採用を決めるとなると医療機関にとっても負担となってしまいます。

そこで転職サイトを通すことで、ある程度人材の質を絞る目的で好条件の求人は非公開になっています。

非公開求人を見つける方法

非公開求人は転職サイトの担当者から直接紹介してもらう必要があります。

ユーザーの希望や経歴によって、転職サイトは公開・非公開を問わず最適な求人を紹介する仕組みになっています。

マイナビ看護師の場合は「キャリアアドバイザー」が担当者としてユーザーに連絡がきます。

まとめ

看護師の転職方法にはいくつか種類がありました。

しかし、紹介してくれる知人コネクションのある方は少ないのではないのでしょうか?

やはり条件や転職先の質を考えると転職サイトを利用するのがベターな選択肢でしょう。

いくつかのサイトを比較検討してみるの大切です。

おすすめの記事